安全に処理

PCB廃油は人体に害を及ぼすものなので、きちんと産業廃棄物処理業者などに処理をしてもらいましょう。PCBにより人体に害を与えられた人は、後遺症が残るくらいひどい人もいるので注意をした方が良いでしょう。

詳細を確認する...

安全に処理する

PCBの廃油は産業廃棄物に指定されますので、勝手に捨てることはできないのです。ですから自治体などに連絡をして、処理をしてもらうことが1番良いでしょう。PCBが含まれている電気機器を持っているかどうかがわからない人は、自治体に相談してみると良いでしょう。

詳細を確認する...

産業廃棄物を安全に処理

PCBが含まれている廃油などが混入し、人体に悪影響を及ぼした事件などからPCBの管理は厳しくなっており、それは産業廃棄物処理法によって適切な処理もしくは保管を行うことが排出者に義務付けられています。

詳細を確認する...

産業廃棄物の正しい処理

処理の方法は

PCBとはポリ塩化ビフェニルのことを言い、これは人体に対してとても有害な物質であり、国からも有害な産業廃棄物であると指定されています。これに関しては使用した際、保管するにも、処分するにも各地方自治体への報告が必要であり、処分する際は自分で勝手に処分するのではなく、PCB産業廃棄物を処理する資格のある業者に依頼して処分を行わなくてはならないことがPCB特別措置法という法律によって定められています。また、PCBが少ししか含まれていない物質であっても、自己判断で勝手に自分でPCB産業廃棄物を処理してはいけません。また、PCB産業廃棄物を補完する際は、一度ではなく、毎年保管状況を報告する義務があります。

人体に及ぼす影響

PCB産業廃棄物は人体にも悪影響を及ぼします。これに関しては廃油にPCBが混入してしまったという例が過去に数例あり、その廃油を使用した際に身体の中に入ってしまったことで被害が出ました。このPCBが混入した廃油を使用したことで人体に及ぼされた影響に関しては、数十年前にあった食用油にPCBの混入した廃油が混ざってしまうという事件によって明らかになり、肝機能障害や肌の色素沈着、手足のしびれや頭痛などと言った症状を訴える人が多数いました。また、妊婦に対しても悪影響を及ぼしており、有害な廃油をしようしてしまったという妊婦からは肌の色素沈着を起こしている子どもが生まれるといったことがありました。このことから、今ではPCBの扱いがとても慎重になっているのです。