産業廃棄物を安全に処理

どんな物質か

近年よく聞くPCBというものがあります。これはどのような物質なのでしょうか。これに関しては、ポリ塩化ビフェニルという物質であり、人体へ有害な物質であるとされています。過去には1968年に合ったカネミ油症事件というのがPCBが混入した食用油を摂取したことで手足のしびれや頭痛などを引き起こした事件がありました。これは妊娠していた人が摂取した際子どもにも色素沈着などといった二次被害があったことから問題視されました。この物質は本来電気機器や塗料などに使用されている物質であり、通常であれば人の身体の中に入ることは無いのですが、このような事件があったん雄もあり、PCBが混入したりしている廃油などといったものは管理が厳しくなっています。

処理の方法は

それでは、PCBの含まれている廃油などと言ったものはどのように処理すればよいのでしょうか。これに関しては業者に依頼して廃油などを処理しなければなりません。産業廃棄物処理法によってこれは決められていることであり、しかも廃油などの処理は国から許可を得ている業者でないと処理することが出来ません。また、PCBの含まれているものを保管する際にも各自治体の許可が必要であり、これに関しては毎年届け出を出さなければなりません。基本的にPCBの含まれているものの管理に関しては、PCBを排出した人や企業にそれを適切な方法で処理、保管することが義務付けられており、その義務に反した場合罰金などが科されることがあるので適切に扱いましょう。いまは検査を行なってくれるような業者もいるので、そこでまずは処理前に調べてもらうことも行いましょう。